高校生コース

 生徒はそれぞれ別の高校に通い、違う目標で塾に通っています。難関大学の合格を目指している生徒。まずは学校の定期テストで良い成績を取りたい生徒。中学のレベルからやり直したい生徒。みな違う目標を持っていて、それに合う授業が必要です。
 青藍塾ではそれぞれの生徒の目的に合わせた教材を使って、それぞれが目標に向かって勉強ができます。どの教材も授業を受ける「インプット」と、自力で問題を解く「アウトプット」を何度も繰り返し、受験に必要な基礎基本の習得や定期テストの対策を大切にしています。

高校1年生〜2年生

 高校は中学よりも授業の進みが早く「ついていけない」と悩んでいる高校生が多く、つまずいてしまうと自分の力だけで取り戻すのは困難になり、ズルズルと学力が低下していくこともあります。
 現在の私立大学合格者は、50%以上が内申点が重視される推薦合格者です。高校1年生から3年生まで通しての成績を平均で評価されるため、1年生からきっちり成績を上げていくことが重要です。また、1年生で成績の良かった生徒は、3年間良い成績をキープしやすいとも言われています。
 青藍塾では、学校の授業が理解でき、定期テストで高得点をとるために、生徒の高校で使われているそれぞれの教科書に合わせた分かりやすい映像授業を用意し、塾での授業が学校の成績に直結するよう考えています。

【高校別授業対応】質問できる映像授業

特徴1
「わからない」を残さない万全の質問対応!

 通常の映像授業では質問できないイメージがありますが、青藍塾では受講中や学校の授業でのわからない点も、その場でチューターに質問でき、時間外はLINE@でいつでも質問できます。

特徴2
自分の通う学校の教科書に特化した教材

 生徒個別で高校の教科書に合わせた授業を受けられるので、「学校と授業の内容が違う」「進み方が違ってわからない」などの不満がありません。
 特にこれまで難しかった英語の教科書に合わせた授業が受けられるので、学校の進度に合わせた予習復習に最適です。

特徴3
万全の定期テスト対策

 定期テストに合わせた出題箇所に絞り、理解出来るまで繰り返し勉強することができます。さらに、それぞれの学校に合わせた対策プリントを用意し、万全の対策を目指します。

高校3年生

最難関国公立大/最難関私立大対策(東京、京都、国公立医学部、早稲田、慶應 等)

東大・京大をはじめとする最難関大学を
目指す生徒のための講座です。

Z会の教室映像

 Z会の教室映像では、自ら思考することで問題を解決し、さらに、その過程を自らの考え方として表現するという一連の流れを重視します。
 これらの力は入試にとどまることなく、大学入試後、そして社会に出てからも必要となる能力です。授業では、問題を解くための有効な解法テクニックを教授するだけでなく、問題背景まで詳しく解説し、出題内容の理解を深め、個々人が、知的に生きる者として身につけておかなくてはいけない高度な学力の基礎を完成させることを目標とします。

難関国公立大/難関私立大対策(大阪、神戸、大阪府立・市立、関関同立 等)

駿台予備校、河合塾、東進衛星予備校のトップレベルの講座を担当し、
リードしてきた実力講師の授業です。

学研プライムゼミ

 毎年、数多くの受験生を難関大学に導き、受験参考書の執筆にも携わっている有名講師が担当します。講師オリジナルのテキストや、難関大学合格のノウハウが凝縮された授業は、1回90分の5回で1ユニットです。
 価値ある授業内容をマスターして、難関大学合格力を確実に完成させましょう。

国公立大/有名私立大対策(国公立大の文系・理系、産近甲龍 等)

アドバンスウイングの合格一貫カリキュラムで、
志望大学への合格力を確実なものにしていきましょう。

アドバンスウイング

 アドバンスウイングは国公立大・難関私立大・有名私立大を志望する受験生を対象とした講座です。
 最大の特徴は、「授業内完全定着学習」になっていることで、講義の後に「定着講義」という自力で解く力を付けるための講義があり、ユニッットごとにテストを行い定着度を確認します。
 講義の内容は、志望大学合格のための必須事項をはじめて学ぶ人にも解りやすく解説しています。

基礎・基本が不安な君には、ベーシックウィング

セレクト自在の WEB 教材。
1回20分で、レベルもペースも自分に合わせて受講できます。

ベーシックウイング

 受験で大切なことは、毎日の勉強を大学受験につなげるように意識し、定期テストには万全の準備で臨んで高得点を取ること。この積み重ねが重要です。
 部活で疲れていても、1回20分の受講だから集中して受けることができ、解らない箇所は理解できるまで何度も繰り返し受講できます。
 定期テストで高得点を目指す「ベーシックマスター」とセンター試験で高得点を目指す「ベーシックセンター」を上手に組み合わせることで、定期テストで培った基礎力を、センター試験で高得点を取るための実戦力にまで高めることができます。

●ベーシックマスター

 学習テーマが細分化されているので、苦手な箇所をピンポイントで学ぶことができます。新しく習うことを解説する「例題解説授業」は予習をしていないことを前提に授業を進めていくので、予習に時間をかける必要がありません。

●ベーシックセンター

 ベーシックセンターはセンター頻出問題を厳選していますので、解説授業で、センター必須の知識・解法を習得し、厳選された問題を何度も解き直すことで、短期間で得点力アップができます。

わからない問題は東大生を中心に構成された、
チューターが対応する「双方向質問室」

 教室に設置されているパソコンからは、モニター越しに、東京大学の学部生や大学院生・医学生を中心とするチューター(先生)が、リアルタイムに質問に答えます。
 質問する内容はウイングネットの教材以外でもOK。学校のプリントなどの質問でも答えますので、どんどん質問してみよう!

●画面上で直接指導

 問題を画面上で共有し、画面に書き込んで指導します。モニター越しに質問者とチューターの声や表情がわかり、理解度を確認しながら説明するので、先生がその場にいるのと同じ感覚で質問することができます。指導内容はその場で印刷でき、家での復習にも役立ちます。

料金など詳しくはお問い合わせください。